スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界一周 持ち物  に一致する日本語のページ①

今、リマ行きの便を空港で待っていて暇なのでたまには役に立つ情報を
今回の旅行に持ってきたものの紹介です
まずは必須編 ①これがなければ話にならねえよ編
1、現金:最近はカードや電子マネーで事足りてしまう世の中ですが、いざという時にはやはり現金。
      これがないと比喩的にも直接的にも死ねます。南米ではドルが最強なので今回はドル。
      先進国に行くとき以外はあらかじめ、ドルかユーロに変えていくべきです。

2、クレジットカード:最近の世の中はカードがあれば事足ります。ヨーロッパなんかでは100円単位の買い物からカードを使う文化なので現金はあまりいらないかも。発展途上国でもATMは最近だいぶ増えてきたので、いざと言うときキャッシングしてうちでの小槌にもなります。複数枚あるとお勧め。
ちなみにVISAかMasterならほとんどのところで使えます。JCBは都会の大きな店が中心。

3、航空券:俺は陸路と海路で移動というぜ。という硬派な人以外は必須。最近はEチケットがメインなので、持ち物ではなくなってきたかもしれません。

4、パスポート:硬派な人も軟派な人も等しく必須。湿気に弱いのでパスポートカバーなどはあったほうがいいかも。ちなみに管理人は山登りにこれを持っていって発行後2週間でだめにしました。

5、海外旅行保険:長期の人は特に。最近はクレジットカードにも保険がついていますが、日本に帰ってからの請求になるので、保険に入った方がお勧め。ネットで入った方が安いです。南米2ヶ月で1万円ちょっとでした。クレジットカードの保険はググるといくらでも出てきます。

6、トラベラーズチェック:あらかじめ購入した小切手に海外でサインして使うもの。円、ドル、ユーロなどのTCがあり、両替すると現地通貨にしてもらえる。紛失しても再発行可。レートが現金よりいい場合が多い。などのメリットもあるが、両替にパスポートが必要だったり、時間がかかる、購入時、両替時に手数料がかかる、発展途上国などでは取り扱い場所が少ない、レートが悪いなどのデメリットも。アメリカンエクスプレスは手数料無料の場所が多くお勧め、またネットのセシールで買うと手数料も安い。

7、ビザ:国によってはビザを取得しなければ入国できません。インドや、ロシア、シリア、ブラジルなんかはビザが必要。これとは別に黄熱病の予防接種の証明イエローカードが入国時に必要な国も。

8、コピー:パスポートや航空券のコピーは念のために。カードやTCの番号を控えたり、連絡先もチェックしておきましょう。

世界一周航空券とイエローカード 今は一周券も電子化されているのでこれではありません
a2
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。