スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界一周 持ち物  に一致する日本語のページ②

持ち物続き
身に着ける編 1、服:むしろ必須ですね。多分これがないと空港にもたどりつけません。行く場所、期間によって大きく異なります。今回の旅行では、下着5、靴下5、半袖T5、長袖1、シャツ1、フリース1、灰色パーカ1、ダウンジャケット、ズボン(ジーンズ、化繊、ハーフ、ジャージ)、ヒートテック2くらい持っていってます。多分人より多いです。大抵の国は日本より遥かに乾燥していて下着などは夜洗うと朝まで乾くのでそんなに要らないかもしれません。フリースやダウンジャケット、パーカーはかなり重宝しました。荷物の少量化にはアウターをいかに少なくするかな気がします。

2、メインカバン:今回は70リットルで旅行してます。50~60くらいが一周旅行者の相場なようです。40リットルくらいが飛行機やバスに手荷物で持ち込めるぎりぎりなのでコンパクトにまとめられる人はこの辺もお勧め。コロコロ系(スーツケースなど)は発展途上国はおろか、ヨーロッパでも石畳の道にやられるので行き先と相談です。

3、貴重品入れ:財布の他に腹巻の貴重品入れなどは貴重品一網打尽のリスクを下げるために必須。ベルトに札入れをつけたものや、首掛けタイプなど色々あるので考えてみてください。

4、サブザック:荷物を預ける際に手元にもっておく用や、宿からのお散歩時に必要。いわゆるデイバックを使う人がおおいです。人によっては貧乏に見せるためにビニール袋しか使わない人もいました。

5、雨具:欧米行くなら傘ですが、発展途上国なら断然レインコートをお勧めします。特にゴアテックスの素材のもの。最近のはそこはかとなくオサレ感も漂うデザインのものも多いので、晴れてても着ていることが多いです。風を通さないので寒さに強い、汚れにも強いというも○。

6、サンダル:ユースや安宿のシャワーを快適にするためにかなり重要。はだしで入るのが引くくらい汚いバスルームも中にはあります。クロックス的なサンダルは結構重宝しました。

7、視力補正用具:ようは眼鏡コンタクトです。必要な人は必須。

8、サングラス:赤道近くの国々は想像を絶するほど日差しが強いので重要かも。UVカット眼鏡も多いし、黄色人種は白人より目が強いようなので必須ではありません。

9、靴:これも無いと痛いですね。皆さんスニーカー率が高い気がします。もしくは普段からサンダルか。汚れてもよい履きなれたものを。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。