スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハンガーノックマチュピチュ

一気に更新します。話題のマチュ編です

これがザ・マチュピチュな眺めですよね。やっぱいいです。
a42
朝4時またも毛唐共がまた騒ぎ始めたので起床。そのまま出発しました。アグアスカリエンエテスからマチュピチュまではバスで30分7ドルか、徒歩1時間半が選べます。バスは5時半からだったので、真っ暗の中欧米人と一緒にマチュピチュへ行きました。これがかなりしんどい。500mくらい登山だと思うんですが、1時間15分ほど急斜面を登り朝っぱらから大汗かきました。こんだけ急ぐのには訳があって、マチュピチュのすぐ近くにワイナピチュという遺跡があってそこが先着400人の入場制限かけているのんです。そんなこんなの登山の後で5時40分くらいに着いて、6時にゲートオープン。そこからさらにワイナピチュゲートまでほぼ全員移動。そこは7時に開くのでそれまでまた待機。一人で来た身にはつらい時間です。しかもこの時期はチリアルゼンチンからの旅行者が多いらしく、スペイン語でみんな会話してるので会話にも入れず。

7時にようやくゲートが開いて51番目に入山できることになったのですが、一人一人登山届けを書くので、登山開始は7時20分過ぎでした。待ってばっかりいますね。このワイナピチュも写真をみれば分かるのですが、かなりの急斜面。40分ほどで登れるのですが、昨日からの連続で体力の限界でした。頂上では休息を兼ねて昨日洗濯した分(1日分しか着替えがないので)を干してました。なかなか、ワイナピチュの頂上で洗濯物を干す人もいないでしょう。エクストリームアイロンニングに通じるものがあると思います。

この槍っぽいのに登るわけです。ワイナピチュ
a40


ワイナピチュからマチュピチュ
a41


下山後はハンガーノックに襲われていまいちマチュピチュどころではなかったのですが、さすがにザ・マチュピチュな眺めには感動しました。排水溝などもあり、ほんとこんなところに良く作ったなと月並みな感想をもちました。後、禁煙なはずなのに白人タバコ吸いすぎ。なんか、完全に秘境っぽさはありませんでした。結局やっぱりしんどいので10時半に下山。我ながらもったいないですね。

今日中に帰れるかもと駅に行ったら1時まで窓口が開かないと言われたので、とりあえず、コーラと共に昼ごはんを食べて休憩。マチュピチュは物価が高く、ピザと飲み物で20ソルとか平気でするのですが、安い店を探してなんとか11ソルで済ませました。また、駅に行って見ると今日はストなんで列車ないよ状態。諦めて宿で洗濯して引きこもることに。12時間くらい寝られたのでまあ、良かったです。ストの日はマチュピチュが空くらしいのですが、朝早々と降りてきたのでそれも実感できず、つくづく楽しめてない自分でした
スポンサーサイト

コメント

ハードですね

なかなかハードな旅をしているねぇ。
僕はオリャンタイタンボから列車というルートで行ったなぁ。
もっと安かったような・・・値上げしてるんだろうねぇ。

南米はやっぱいいなぁ。遺跡と大自然、陽気な人たち・・・
もう1回行きたい!!

まぁくれぐれもクビ締め強盗には気をつけて・・・
楽しんでください。

おお!

マチュピチュだー!すごい!!

ブログ参考になります♪
自分は体力に自信が無いので、バスと列車を利用しよう…

ハードな旅だけど、体調には気をつけてね~!

No title

>ホリグチさん
いいですね、ペルー。人は陽気で安いし、ご飯もおいしい。
早くもまた来たいです。これからも、見所たくさんなのですごい楽しみです。
>ちあき
ペルーいいよー。日本人がアホみたいにいるのが、良くもあり悪くもあるけど。普通に旅行したら、マチュピチュもかなりいいし。また、行くこと決まったらメールするなりなんなりしてくれれば、色々教えられると思うので、何でも聞いてねー。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。