スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遠くて近いラパス

いよいよボリビアへ。南米2カ国目突入です。車での陸路入国はなんか楽しいです。

ゼリーも赤緑黄のボリビアカラー。体にはものすごく悪そう。
b31
今日はプーノからボリビアの首都、ラパスへ行くために、6時に起きてバスターミナルへ。最近やたら早起きしすぎてます。7時出発のはずがなんだかんだで7時半出発。到着時間も昨日は4時と言われて、今日は2時半と言われるという良く分からなさ。いつ着けるやら全く分かりません。

とりあえず、ぼろい車で国境を目指します。席が隣だったおっちゃんと片言のスペイン語で当たり障りの無い会話をしたり、寝たりしているうちに国境に到着。ここでは、バスを降りて徒歩でペルー側とボリビア側のイミグレで手続きをします。この国境は至って簡単であっさりと通過。イミグレを忘れてバスで通過できるほどでした。ちなみに、入国量は1ボリビアーノ(15円)。日本人にとっては取っても取らなくていいじゃないかという額でした。安いのありがたいですけど。

歩いてボリビア入国!
b30


国境を越えるとボリビアの一大リゾートコパカバーナ。ビーチでは若干金持ちっぽい人々がくつろいでいて、観光に立ち寄る人も多いのですが、華麗にスルー。ここで何故か2時間バス待ちをさせられ、結局1時半に出発。さらに、バスが少し走ると湖にぶつかり、人が下ろされて船で対岸へ。バスは別便で船で渡るという変わったスタイルでしたが、バスの渡船料が1.5ボリビアーノ(20円くらい)という格安で中々面白い経験でした。

バスに乗ったまま渡れないのは、重すぎて船が沈むからでしょうか?
b33


まあ、なんだかんだでだらだらバスは走り、1時間の時差を含めて5時半に到着。結局、9時間くらいの長い旅に。皆さんお勧めの宿エルソラリオで、リマ以来のシューヘイと再会して、無事に今回の旅行最凶都市ラパスの宿にチェックイン出来ました。ここは日本人が20人いるという恐ろしい宿ですが、欧米人パッカーもたくさんいたので、夜はアメリカ人とペルー人と久々に英語で会話しました。アメリカ人はボリビア入国にビザ代がかかるらしく、国境で出入国の手続きをパスして来たとか、ラパスでは50ドル払うと死刑囚がいる刑務所ツアーに参加できるとか、色々面白い話を聞けました。英語を使うと相変わらず、頭の変なところが知恵熱でいたくなりますが、海外に来た感があって楽しいです。

ラパスの町並み。かなり綺麗
b34
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。