スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チ ュ キ カ マ タ

行ってきましたチュキカマタ!ここはすごかったですよー。チリに来たならぜひとも訪れて欲しいスポットです。

世界最大の露天掘り。でかすぎてなにがなんだかわかりません。
c24
「チュキカマタ」日本人にはなんか印象に残る響きですよね。高校地理でその存在を知って以来気にはなっていたもののまさか本当にこの足でその地に立てるなんて感動です。というか、この足で立つためにアタカマに1泊、カラマに1泊余計にしたのだから、我ながらどんだけチュキカマタ好きやねんという感じです。まあ、というわけでチュキカマタちぇけらー。

朝、カラマで起きて、とりあえずラン航空のオフィスへ。予想以上に早くチリに入ってしまいサンチャゴ→パタゴニアのチケットを押さえてしまっているので暇。ということで、この間にイースター行ってきてしまおうという考えだったのですが、生憎満席。なんか、ぼちぼちイースターはお祭りらしいです。というか、英語喋れる?と聞いたら笑顔でノーと言われました。カラマだししょうがないですね。

その後観光案内所に行ってカラマツアーの時間を聞くと、今日は3時からと言われ、また暇決定。結局平日だというのにやたら人通りの多いカラマきっての目抜き通りでただネットしてました。(前回の怒涛の更新分)いつの間にか、なんだかんだでいい時間になっていたので、歩き方に書いてあった通りにコレクティーボ(乗り合いタクシー)に乗ってチュキカマタへ。ここにバスが来るからと事務所でも何でもないところで下ろされ、一瞬チュキカマタ置き去り詐欺か思いましたが、コレクティーボを30分待ち、チュキカマタで20分待ちと待ち続けて、何とか無事ツアーに参加できました。

ツアーはまず、バスで町っぽいところをドライブ。ここは昔は鉱山労働者が住んでいたそうですが、今は環境が悪いとのことでゴーストタウンになってるそうです。人が住めないほど環境が悪いようにはバスの窓越しには分かりませんでしたが、日ごろゴーストタウンには見慣れていないので中々新鮮でした。そのまま、バスは精錬所的なエリアを抜けていよいよ世界最大級の露天掘りへ。何もかもでかいです。遠近感とか狂いまくり。普段町で見ると大きいピックアップトラックを踏み潰さんばかりのコマツ製メガトラックが、この露天掘りではトミカみたいに見えます。このトラック、一分間に経由を4リットル消費して3000馬力で、タイヤの直径が3.8mとか、そのタイヤも一年も持たずに磨り減って交換するとかなんか全ての数値がインフレしまくってました。それはもう近年のWジャンプ漫画バリに。すごい迫力でしたよ。行って良かった!そんな中、運転手さんもこっちが手を振るとクラクションで返事してくれたりと、思いっきり無骨で無機質な職場の中でなんかすごい人間味が感じられてよかったです。

ゴーストタウンの公園
c23

でっかいコマツ社。最近は一部ドイツの会社のも使われてるそーです。一回運転してみたい…
c25


カラマから帰ってくると、5時。6時過ぎのバスでサンチャゴを目指すのであたふたとバスターミナルへ行き、サンチャゴ目指して21時間バスの旅に身を沈めたのでした。
スポンサーサイト

コメント

No title

すげー
何これ掘った穴の中に連れてってもらったって事?
というか穴がでかすぎて何がなにやら。
砂漠かと思ったけど山削ったんやね。
地理とって無かったのでwikiって初めて知りました。

いいなー。あと一ヶ月も旅行中なんや。
自分、明日の4時提出の卒論かいてます。
レポートもあるし徹夜かなー。いいなー。

No title

露天掘りのど真ん中にはさすがに連れて行ってもらえなかったのですが、すごい迫力でした。いかにも石見銀山は微妙でしたけど、チュキカマタ銅山はガチですね。

卒論お疲れ様です!もう、ぼちぼち書き終わった頃でしょうか?
自分はもう少しだらだら海外にいられるかと思っていたのですが、3月3日が成績表交付及び、異議申し立て日らしいので、前日に帰国して成田から飛行機で関西に飛ぶことになりそうです。また、関西で就職前に遊んでください!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。