スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オサレバルパライソ

せっかくなので、郊外まで足を伸ばして世界遺産の街バルパライソまで行ってきました。
さすがは世界遺産な感じでした。

POPなバルパライソの街
c33
朝起きたら10時。寝坊しました。今日はサンティアゴの120kmほど郊外世界遺産の町バルパライソに行く予定だったのですが。まあ、いいやと思い結局そのまま行くことに。チリに入って以来、チュキカマタ以外観光に全く力を入れてないです。

とりあえず、バスターミナルに行くと10時50分。次のバスのチケットと言うと11時と言われて慌てて乗車。バスはきっちり定刻しました。うとうとしていると、いつの間にかバルパライソ到着。チリは高速を使うのでサクサク移動できます。バルパライソは曇っている上に、何か家の物置をあさってたらこんなん出てきました買ってください!的な露天商が沢山いて非常に汚い雰囲気。カメラ引ったくりの聖地と言われるだけ合って雰囲気も悪げ。モーターサイクルダイアリーズで見たあのいい雰囲気はどこに。と歩いて登ってみると、バルパライソの本気に触れることが出来ました。そこかしこがそことなく、オサレ。だらだら、のんびりするには最高そうです。アセンソールというケーブルカー的な市民の足を乗ったり、丘の上からだらだら港を眺めたりバルパライソはさすがは世界遺産な感じでした。何にもないとか言ってごめんなさい。

これが市民の足「アセンソール」想像以上に短い路線です。これが全長。値段は280ペソ。」
c34

広場とかもなんとなくオサレ
c32
スポンサーサイト

コメント

No title

卒論無事終わりました。まあ無事かどうかはまだわかんないんですけどね。

バルパライソの町ってなんかカラフルでおもちゃみたいなかんじやね。世界遺産ならしいけど初めて聞く地名。
南米系はいまいち名所とかを知らないんだよなぁ。チリとかフジモリ元大統領くらいしか思いつかんし。でも予想外にモダンで、なんというか発展具合は東南アジア並みのイメージやったんやけど最近株が上昇気味です。

簿記2級、ぼちぼち始めてみます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。