スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OTAFUKUその後

次の日から宿の部屋に移り丸3日、レンタルしたテントなどを返しに行く以外はほとんど引きこもってました。たまたま、部屋が一緒になったイスラエル人が薬剤師だったので、効くよという謎の薬をもらい、買った薬が単なる鎮痛剤ということが分かりました。病院や薬局に滑り込みセーフだったりこういうところはラッキーです。ちなみに彼はパイネに行った帰りにカメラをなくして相当ショックだったようで、一日で10回くらいカメラの話を聞かされました。パイネ前日OTAFUKUとパイネでカメラを無くすどちらがより不幸なのでしょうか。
まあ、そんな感じで実に暇に3日過ごし、持っていた本などは全て読んでしまい、パソコンも壊れたので、英語の勉強や、携帯のチェスに興じたり、(ものすごいやりこんだら、最初は全然勝てなかったのに、3日でラスボス倒せるまで上達しました。)昔本で読んだ自律神経のトレーニングに励んだりとにかく暇でした。あの瞬間の自分に新興宗教の勧誘が来たらきっとはまってたと思います。まあ、社会人になる前にこんな3日間を過ごすのもいいのかもしれません。
スポンサーサイト

コメント

No title

パタゴニアはうらやましいがOTAHUKUか・・たいへんだな・・
体に気をつけて残りの旅も楽しんできてくださいなー

No title

もうすっかり元気だぜーありがとね。
アルゼンチンは断然オサレで凄い楽しいよー

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。