スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バイバイセブ

今日はモアルボアルからセブに戻り、8時の飛行機で香港へ出ます。長かったセブともお別れです。
3週間超えるとフィリピンはビザが必要なので目いっぱい滞在しました。

さて、ここで問題が。現金がない。所持金はなんと300ペソ。日本円750円くらい。
これで、今日は90kmちかくあるセブ中心地までもどって、なおかつ隣のマクタン島にある空港行くというミッション。昔好きだった、鉄腕ダッシュの企画のようです。フライトは午後8時なので時間の余裕はたっぷりですが。
ちなみに、セブにあった語学学校からタクシーで空港行くと300ペソらしいので、この企画の大変さが分かっていただけると思います。

朝9時。まずは、宿のあるパナグサマビーチからモアルボアルの中心地へ。トライシクルで行こうとすると、50ペソと抜かす運転手。車で10分くらいの距離に京都市バスなみの運賃を払ってられるかと、必死の交渉にも値段が一向に下がらないので、奥の手、「じゃあいいよ歩くから」作戦。こうすると、運転手は必死になって値段を下げてくるはず。ところが、運転手「…」(バイクを元に戻す)あれ、いいの?ほんとに行っちゃうよ。…作戦は失敗し、炎天下の中歩く羽目に。たまには妥協しないといけませんね。

結局途中に通りがかったバイクに20ペソで乗っけていってもらい、無事バスターミナルへ。ちょうどバスが来たので飛び乗る。セブまでは107ペソ、約3時間弱。それにしても、このバスがものすごい飛ばします。おんぼろながら、80kmくらい出してる感じ。リアルにマリオカーと状態です。基本車線はセンターラインという豪気なこのバスは煽れるもの全てを煽っていきながら爆走します。腕は確かなんでしょうが、150ccのドーナツ平野3ばりのテクニカルコースで次々と追い越しをかける運転手は神がかってました。しかも、タバコ吸いながら給油してたし…。なんかフィリピンって一日学校行ったら免許取れるらしいです。まあ、事故らなければ無問題。
こんなバス車内

busmoal


セブのバスターミナルには行きより30分近く2時間半で到着。さすがです。ここから、普通の旅行者ならタクシーですが、なにせ残金が150ペソちょとしかないので、ジプニーを使うしかない。三人くらいの人に聞いて、埠頭から出てるフェリーを使うことに。うろうろしてるとやたら「タクシー」という声が。貧乏な日本人でごめんなさい。結局、ジプニー→フェリー→ジプニー→ジプニーを乗り継いで、なんとか空港にたどり着けました。
トータル36ペソ。通行人に空港行きのジプニーはどれですかと聞いてもなかなか理解できないので、ジプニーに向かって目的地を連呼するのが有効なようです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。