スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セブまとめ

セブのまとめとかしてみます。

セブの物価:色々書いてきましたが、安い。といっても物によって安さはぜんぜん違います。ご飯類は日本の半分以下。ファーストフードなんかはあんまり変わりませんが、フィリピン料理屋で飲み会なんかやると、1000円くらいで大満足できました。後は、洗剤とか、ハンガーとかの生活物資も半額くらいな感覚。交通費にいたっては十分の一くらい?タクシーは初乗り25円で、15分くらいなら150円とかです。前に書いたジプニーに至っては40分とか乗っても20円という恐ろしさ。これに対して、ブランド品はほとんど変わらず、日本の電化製品に至ってはヨドバシとかで買ったほうがはるかに安いです。今、僕が愛用してるデジカメがオリンパスのμ1030SWってやつでポイントを差っぴくと実質3万円くらいで、日本で買ったんですがここで、6万弱しました。

セブで買ったもの。1000円Tシャツと400円の偽クロックス。クロックスは既に壊れました。
philiomiyage



セブの食事:安いとは書きましたが、割かしうまかったです。タイとか違ってあんまりスパイシーじゃなくて、単純に焼いたり煮たりなんでとっつきやすかったです。問題点は、しょっぱすぎ、甘すぎ、あぶらっこい、色がどきついって時が多々。日本人の感覚でいうと成人病まっしぐらな気がしました。フィリピンの名産のひとつに、ウベという紫芋があり、(沖縄でもウバとか呼ばれてますよね確か)お菓子がこれの影響か強烈な紫をしてることが多いです。これは天然もんなんでまだしも、ハロハロなんて、ヴィヴィッドな紫、赤、緑で食欲を確実に奪っていきます。後、セブには韓国料理店が結構多いので、安く食べられるそうです。

これで40ペソ
phimesi


セブの人:基本気がいいです。英語が通じなくても(こっちに問題がある場合と、相手の発音がひどい場合と)何とか理解してくれます。欧米的な冷たいあしらいを受けることはあんまりないです。ここまでジプニーで行きたいんだけどとか聞くと、わざわざ乗り場まで案内してくれることも。
ただ、適当な面も。デパートの店員も自分のフロアのどこに何があるか知らないし、値段も分からないしってことが多々あります。場合によっては、目的の物を探して、値段を知るまでに5人くらいの人に聞かなければならないことも。まあ、そういうゲームだと思えば面白いですけど。
後、かなり商売上手です。ジプニーでここまで行きたいと聞いてもジプニーでは無理だからタクシーを使いなさいとか行ってきたり、トライシクルで最初50ペソと言ってきたり、20ペソじゃないと乗らないと言ったらあっさり20ペソになったり。割りと事前の情報収集が大事です。友達の関西人とかそれはもうすごくやりあってましたが、見習わないと。

セブで楽しく安く生活するには:宿はとりあえず300ペソくらいからあります。あんまり、ドミトリーはないようでシングルかダブルか、風呂付か共用か、エアコンか扇風機かあたりで値段が変わってくるみたいです。600ぺそくらいでまあいいとこなんじゃないでしょうか。中心部ならネット環境もそうそう困らkないし。食費はアヤラとかのショッピングセンターのフードコートみたいなとこで50ペソ弱でまあまあのものが食べられます。がっつり飲み食いしても500ペソくらいで済む感じ。後は交通費ですが、ジプニーを使うと基本一乗り8ペソなんでほんと安いです。ただ、スリが横行してるという話を良く聞きますし、あ、満席になったと思った後、さらに3人くらい乗ってくるのでラッシュ時偉いことになる、割と大気汚染を満喫できる、そもそもどれに乗ったらいいのかわかんないなどのデメリットがあります。後、上級者はビキニバーやディスコに繰り出すみたいです。ディスコは一回行ったのですが、ゲイ率が結構高いので注意。

いずれにせよ、セブは日本から近いしいいとこです。おすすめ philiomiyage
スポンサーサイト

コメント

はーい、幾度となく夜を共にしたルームメイトです。
ついにCEBUを旅立ってしまったか!
あのあと何をしていたはよく分からんが・・・(笑)
俺も日曜日にCEBUを発ちます。

そのTシャツとった写真を載せてくれ。
これからまた定期的に日記読ませてもらうんで、更新よろ♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。