スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

香港

このblogの更新を待ち望んでいた、空飛ぶスパゲッティ・モンスター教信者より少ない皆さんおまたせしました。
やっと更新できるので一気に香港ヨルダン編を振り返ります。
ちなみにFSM教についてはこちらスパゲッティ
いよいよ香港へ。機内でフランス人のおっさんと話し、香港までの2時間があっという間。おっさんはフィリピンとフランスに家を持ってて、現地妻がいるとか。やっぱ、西洋人はすごいなー、あと、フランス訛りの英語ってかっこいいなと思いつつの到着でした。

さて、着いたのが10時40分。なんだかんだで、空港出ると、11時回ってます。今日の宿は重慶マンションという安宿街で、治安も心配なとこ。それなので、事前に予約をしときました。ナイス自分。メールで、飛行機が遅く着いて、宿には12時とかに着きそうなんだけど、大丈夫?と。返ってきた返事は「ok」のみ。多少不安になりつつもバス下車。重慶マンションは安宿が100近く集合した、巨大ビルディング。客引きが多いが、あまり信じて付いていくと、危ないと、ネットにかいてありました。

降りたとたんに数人に重慶マンション?部屋あるよーみたいな攻勢受けます。予約してるんでと、ホテル名を告げると連れてってやるとのこと。訝しがりながらも、付いてきます。でも、この辺にいるのがほとんどどうも怪しげな黒人、インド系、アラブ系で怪しさ満点。

建物の中に入ると、客引きに「今日お前の宿は満室だから、他のところを紹介する」と言われ、ああこれは詐欺だな騙されないぞと思い、「わかった。でも確かめに行きたいから、まずは予約したホテルに行かせてくれ(どうせ、行ったら普通に入れるし。こっちは事前にちゃんと確認してるんだ。騙して高い宿連れてくんだろ)」と、鮮やかに客引きをかわしホテルにチェックインしました。
のはずだったのですが、ホテルに行ってみると、ほんとに管理人がいない…。いくらノックしても音沙汰無し。え、あのokはなんだったの…。

途方にくれて近くにいた欧米人の泊まっているところに入れてもらうも、そこにも管理人がいない!徹夜を覚悟しましたが、1時半くらいに管理人が現れ結局事なきを得ました。予定では80ドルのドミトリーだったはずが、結局150ドルに。まあ、本来250のダブルルームを値切ったので、これでもがんばったのですが。

翌朝せっかくなので、12時のチェックアウトぎりぎりまで寝て、もう一度トラベラーズホステルを探すと別のところにありました。結局騙されてたのでした。今日は正しいところ泊まってます。それにしても、貧乏人が一人で香港にきてもやることないです。今日は香港の携帯屋巡りとかしてましたけど、明日することが無いっす。早くヨルダンに行きたい今日この頃です。香港はあんまり向いてないです。
これが噂の重慶マンション。結構高層ビル
chongking
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。