スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アカバさらばデジカメ

アカバへ
ここ最近ヨルダン国内で砂漠か砂漠っぽいとこにばかりがいたのでそろそろ潤ったところに行きたくなり、リゾート地として名高い紅海に面した街、アカバへ行きました。エジプトやイスラエルの国境も間近でこのままイスラエル入国を予定してました。予定はしてたんです。(詳細は後で)

この日もベドウィンキャンプを6時に出発し、アカバへ。アカバには8時に着いてしまいました。何もしないのもあれなので有料プライベートビーチとやらでシュノーケリングをすることに。計20JDと結構お値段も張ります。自分もいい身分になったものです。思えばこのあたりで調子付いたのが良くなかったのかもしれません。

自分のデジカメはオリンパス製の10m防水デジカメなのでせっかくだからガンガン写真を撮ってやろうと意気込んで水中に入りました。地球の歩き方に絶品と書かれた珊瑚礁と魚たちはそれはもう綺麗。お見せ出来ないのが残念で仕方ありません。何故お見せできないかというと。水に入って5分後。デジカメ「水深注意」→「あれ、表面泳いでるだけなんですけど…。」仕方なく岸へ引き返そうとする。→デジカメ「浸水しました」→「え゛」→カメラご臨終。まあ、こんな感じです。意味が分かりませんが、まあアラーのお怒りに触れたのかもしれません。ちなみに、一緒に旅行していた残りの二人のデジカメもご臨終はしなかったもののカメラの調子が悪くなったらしいです。ペトラあたりでなにか撮ってはいけないものを撮ってしまったのかもしれません。

という訳で、アンマンに行ったらデジカメ直るかもという期待を持って、翌日の目的地をイスラエルからアンマンに変更したのでした。

紅海のほとりここに、デジカメ眠る
kokai
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。