スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

加納クレタ

結局バスにもフェリーにも無事に乗れ何とか午前8時にクレタ島に着きました。ようやく分かってきたのですが、ギリシャって港はほんとにただ船が着くところであって、切符売り場とか待合所とかが皆無みたいです。ロードス島の切符を買うつもりだったのですが、あきらめてそのまま市内へ。今日は意外にも今回の旅初のユース泊。歩き方のアルファバンクの角を曲がるというくだりを信用したら思いっきり迷いました。銀行名間違ってますよダイヤモンド社さん。結局ギリシャ語しか喋れないおじいさんと必死のコミュニケーションの末見つけました。シーズンが終わりだからかガラガラでよかったです。

完全に寝不足だったので、昼まで仮眠して午後はクノッソス宮殿へ。クレタ島の一大観光名所であるここはなかなか圧巻でした。再現図をみるとなんか日本の新興宗教の建物っぽい雰囲気でしたが。そのまま街に戻ろうとバスに乗ると行きは1.3ユーロだったのに2ユーロ払えと言われました。後で知ったのですが、ここではバスに乗る前にチケット売り場かキオスクでチケットを買わないと割高になるららしいです。5割り増しとか割高ってレベルじゃねーぞって感じですので、皆様クレタ島を訪れる際は気をつけましょう。

釈然としない気分のまま中心部に戻り、歴史博物館へ。ここはアテネにある博物館がギリシャ国内のほとんど全ての遺跡から出土したものを展示している中唯一展示してないクレタ文明の出土品を展示しているすごいとこ。忘れかけてましたが、クレタ文明と言えば線文字A、B。高校時代その適当なネーミングセンスに惹かれ、海の民ととも世界史好きな言葉ベスト10に入ってたほどでした。ちなみにその他は完顔阿骨打、ハットゥシャシュ、ヴィットーリオ・エマヌエーレ三世、獅子心王とかです。残念ながら改装工事中で縮小展示でしたが、世界史資料集で見た、蛸の絵が描いてある壺(要参照)や、憧れの線文字とも対面でき大満足でした。なにが違うのか全く分かりませんでしたが。ここには後のローマ時代の展示もあるんですが、ヨルダンから見てもそうなんですが、ローマ文明ってどこ行ってもほとんど同じで飽きてきます。どこ行ってもコカコーラとマックがある的な。トルコにもローマ時代の遺跡がいっぱいあるそうですが、ぼちぼち食傷気味になってきました。

これが線文字Aだ!多分…まあ、解読できなかったらAです。
senmoji
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。