スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トルコイン

いよいよ今日はロードス島からトルコのマルマリスというところに上陸。昨日さくっと旅行代理店に聞いたら、8時のフェリーしかなく、だいたい50ユーロとのこと。高いけれど仕方ないです。今回ギリシャでフェリー代120ユーロくらい使いました。地味に高い。多分ギリシャで使ったお金の半分くらいフェリー代。何係数って言うんでしょうか。
とにかく、今日は昨晩泊めてもらったところから6時半のバスに乗って再びロードス中心部へ。バスが大体50分かかり、バスターミナルからフェリー乗り場まで徒歩10分かかるので乗船30分前ぎりぎりの計算です。さすがにギリシャのバスはフィリピンやヨルダンと違って遵法運転なので若干はらはらしながらなんとか、時間通りにフェリーに乗れました。海路での入国は初めてだったんですが、イミグレもあっさり通過しなんか不思議でした。イミグレ通らなくても乗り場まで行けますし。(もちろん係に追い返されますが)

毎度のことながらフェリーの出発時間がなんだかんだで30分くらい遅れて9時半過ぎにトルコに到着。そこから、地図も無いのに中心部を目指します。地味に遠かった。今日はマルマリスに飽き足らずパムッカレという石灰棚で有名な町を目指します。まあ、でもまずは両替。ギリシャと違い両替屋の看板に日本円の表示に驚きながらレートを聞くと1万円で94トルコリラ。これものすごいぼってます。今日のレートは1トルコリラ=85円。このレートだと110円くらいです。別の店で聞いても同じレートなので、ATMで下ろすことにしました。無事トルコリラと対面を果たしバスのチケットを買いに行くと、次のバスが1時とのことなので、ここでお買い物タイム。トルコの物価は高い高いと聞いてましたが、実際高かったです。ビッグマックセット10リラ。マルマリスレートだと、千円超えます。ここはどこの北欧ですか。スーパーでも500のコーラが1.2くらいとギリシャより高い始末。学校帰りの高校生集団がバーガーキングで優雅にセットをパクついているのを見ながら、ギリシャから持ち込んだもっさりフランスパンをかじりました。

奇跡的に無線LANを発見し、阪神が巨人との天王山を向かえる記事などをチェックしているといい時間に。バスに乗り込みます。隣にあった自称マッサージ師の29歳のおっさんと共にパムッカレ近くの町デニズリまで4時間のバスに乗ります。そのおっさんの話だと、トルコ人の30歳くらいの月収は8~10万円くらいだとか、この物価でどうやって暮らしてるんでしょう。まあ、なんだかんだいつもの日本についての話なんかをしてると、車掌さんが水とお菓子のサービスをしてくれました。話には聞いてたんですが、トルコのバスってサービスがいいみたいです。これなくして1リラでも安くして欲しいってのが本音ですが。今日は朝5時半起きだったのでうとうとしているとバスはいつの間にかデニズリの街へ。

デニズリのターミナルに着くと結構な数の客引きがいました。車で30分の距離にあるパムッカレまで2.3リラとかぼられてるのかどうか、分からず悩んでいるとホテルは予約したのか声をかけられ事前に覚えていたカレホテルに予約したと堂々と嘘をつくとカレホテルは提携先だからタダで連れて行ってくれるとのこと。怪しみながら、付いていくとバスに乗る前にちょっと待ってろと言って、おっちゃんトトを買いに行きました。騙すような人間がこんな適当なはずがないとちょっと安心して無事タダでいけました。乗っけた日本人には日本の歌を歌わせているといい、チューリップやジングルベルなどを歌う気のいいおっちゃんでした。

夕食は3リラのケバブサンド。ギリシャでは主食がスブラキでしたが、トルコではケバブサンド名前と外側のパンの種類だけ違います。これ、トルコのファーストフードのはずなのに、注文してから15分くらい来るまでかかりました。しかも、おっちゃんが自分の分も一緒に作り一緒に並んで食べるというちょっと不思議なお店。きっとサービスですね。おっちゃんと食べるという。まあ、トルコ初日は物価高に驚きつつも終了いたしました。よまあ、なんやかんやで宿に戻るとドミトリーには誰もおらず人生で初ドミトリー独占を果たしました。8リラで8ベッド2バスルーム付きシングルルームというリッツカールトンのスイーツでもありえないような豪華な部屋に宿泊することが出来たのでした。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。