スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いい国作ろうルーマニア

何とかルーマニアに入ることができました。そして気づけばこの旅行も気づけば折り返し地点。
ちょうど50日が経過し残り半分です。これからも生暖かく見守ってください。
写真はそのうちのっけます。あ、祝半分を記念して自分のpicasaにオレギャラリーを開設中なので、
ナルシスト写真集を見たい方はどうぞ。
ブカレストで乗り換えてブラショフへ。ブラショフはルーマニアの京都って感じで適度に都市ながら歴史もしっかり残った都市です。何故、ブカレストは各種情報を参照した結果、ブカレストはヨーロッパでも四天王クラスに危険なとこだと判明したのでパス。野犬と偽警官が好きな人にはお勧めの都市。

てな訳で地図とか一切無しで飛び込みブラショフ。駅に着くと客引きがちょうどひとり来たので、条件を確かめてそこに宿泊を決定。40レイ(1レイ=40円)で朝食付きなので安くはないですが、面倒だったので。

宿に来る途中車窓見ると、ルーマニアのほうがブルガリアよりはるかに都会です。オロロンラインにに例えるなら、日本が稚内、ルーマニアが手塩、ブルガリアが抜海ですね。(無理矢理)駅前の道も綺麗だし、建物もちゃんとしてます。ソフィアのトラムの検札は券を手動で穴あけるのだったのに対して、ブラショフのバスは機械で検札してくれますし。

さて、観光。ブラショフの何よりの見所は30kmほど西にある、ブラン城です。ドラキュラのモデルとされるヴラド伯爵が住んだと言われてます。どうやら嘘らしいですが。宿の人に聞くと今日までお祭りをやってて、明日は月曜で休みなので今日行けとのこと。正直夜行で疲れてたので今日は市街地のんびりのつもりだったのですが、お祭りがありなんてラッキーだし、バスを乗り継いでいってきました。

バスの中で爆睡してると、隣のおっちゃんが降りるぞっと教えてくれたので降りてみました。けど、城がない。ここどこ。めっちゃスイスみたいな牧歌的景色なんですけど。そしてすごい渋滞。どうやらお祭りのせいでものすごい渋滞が起きており歩いたほうが早いとのこと。徒歩30分ほど手前で降りて歩きました。祭り効果すげー。

多分ルーマニアの一大イベント
1007


まずは、城より先にお祭りに行くとルーマニア民謡の合唱コンサートやらたくさんの出店がならび華やかな感じ。土浦きらら祭りクラスの規模のお祭りです。すごいのかすごくないのか伝わらないと思います。出店もほとんどルーマニア郷土料理の出店で、どれもおいしそうなのですが、中でも気になったのが結構な人がかぶりついてる黄色いでっかいおにぎりのようなもの。すごいおいしそうなので、いくらかもわかんないのに買ってみました。結果10レイ。
そして肝心のお味は…ユダ級に裏切られました。黄色いのはとうもろこしの粉を蒸し固めたものでなんか結構もっさりしてて臭みが。中に入ってるチーズはおいしいんですが。昔ケニアで食べたクスクスのように口の中でもさもさしました。今回の旅初のハズレフードでした。皆さんもルーマニアに訪れた際はぜひチャレンジしてください。

ザもっさり
1006



噂通りにブラン城はそんなにたいしたことなく、特筆すべきはカメラ持ち込み料をとるシステムで、学割使うと人間6レイカメラ10と、本体よりスタンドの方が高いという不思議な料金体系だったことくらいです。自分ってカメラ以下の価値しかないんだと若干凹んだりして。その後、近くの農村博物館などもさらっと見てさて帰ろうと4時過ぎにバス停へ。1時間に一本しかないので、結構逃せません。30分ほど待ってバスがやってきたのですが、運転手がまさかのバッテンジェスチャー、そしてラッシュ時の常磐線バリに込み合うバス。バス停通過されました…。

やばい渋滞
1004


どんだけすごい祭りなんだよ、この祭り。てか、ちゃんとバスくらい増発しろよ。言いたいことはたくさんありましたが、このまま待っても次のバスに乗れるとも限りません。かくなる上は、養老の滝以来のヒッチハイク。ビシッと親指を突き立てて路上で待ちました。いやー止まってくれないの何のって。車はガンガン走ってるのに40分くらい全く止まらない。その間頭の中でがんがんルーマニア好感度が下がっていき、ぼちぼちルーマニアに対する罵詈雑言が頭の中で一巡したころ青いバンが止まってくれました。助かった。

おっちゃんはルーマニア語しかしゃべれないですが、いかにもいい奴そうな外見。名前も聞かず写真も撮り忘れてしまったので、自分の知ってる唯一の存命中ルーマニア人男性ムトゥと名づけます。ムトゥはルーマニア語で果敢に話しかけてくるのでこちらも、ブルガリアの宿でもらった指差し会話ルーマニア編で応戦。自分の歳、名前、家族、5ヶ月旅行中だということ、彼女いないこととかをなんとか伝えました。運転中に指差しとかするので、何回か反対車線に突っ込みそうになりましたけど。指差し会話帳は運転中は危険な代物ですね。

無事にブラショフ市内まで連れて行ってくれお別れに。記念に日本の五円玉を渡そうとしたのですが、ムトゥ受け取ってくれませんでした。安いと指差し会話帳で伝えたのに。きっと、オレはお金をもらうために君を乗せたんじゃないと言ったのでしょう。ムトゥ漢。そんな感じでルーマニアはすごい良いとこでした。
スポンサーサイト

コメント

No title

ヨルダン一緒にまわったちあきです♪
先週日本に帰国しました!
デジカメ直らなかったんだねー…

そんな私のデジカメは、パルミラでひったくられてgone awayです…
ぺトラの写真もなくなっちゃたよーがーーーん!
なんてカメラ運が無いんだ…

体調とカメラに気をつけて旅を楽しんでね☆
ちょくちょくブログチェックします(*´▽`*)

No title

行く国行く国で現地の人とコミュニケっとる感じが楽しそうでなによりです。
ちゃんと見守ってるんだけど、コメントしないと見てんだかわからないんで、書き込んでみたりしちゃったりなんかしたりしてみる。こっちは個人的には怪我のせいでろくに遊びにも行けず、悶々とバイトしとりました。。他の人?なんか遊びほうけてるみたいよ。
毎度生々しいレポート楽しみにしとるんで、これからもがんがん報告してくださいな。一時帰国まであと一ヶ月、きばれーー

No title

>ちあき
その節はお世話になりました。というか、ひったくり!?被害はカメラだけだったの?無事に帰国はできたようで良かったけど。
グラテマラも強盗がかなり有名なんで気をつけます。
気が向いたら、またブログに顔出してねー。
>ナガフミ
コメサンクス。東欧に入ってから何故かRadwimpsがマイブーム。原因不明。そっちでは、ぼちぼち4回生旅行の話とか出てるのかな。帰ったら楽しみにしてるよ。
ナガフミの分もスペインとかばっちり見てきます!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。