スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3度目のサグラダ

3日連続のサグラダファミリア訪問後、新幹線でマドリッドへ。

多分、ごくごく一部の人しか興味ないでしょうけどこれがAVEです。あんまりかっこよくない
1357
昨日も大貧民をやったり、BECKを14巻まで読んだりして寝たのが2じすぎだったのにも関わらず、気合で8時に起きて朝一でサグラダ行ってきました。昨日は10ユーロと言われたのに、今日は8ユーロという謎のサンデープライスに喜びつつ入場すると、そこには工事現場が広がってました。見渡せば千の足場が。確かに天井とか、柱とかステンドグラスとかすごいけど、現在進行形で工事してるだけあって結構工事モード全開。

3日目にしてようやくお宅訪問
1354


それでも、タワーを登るとなかなか壮観で見ごたえありました。装飾とかも結構間近に見られて、改めてこれは建物っていうよりどでかい芸術品なんだなーと思いました。一つ一つの飾りなんかも相当面白くて、飽きません。これ完成すると相当どえらいものになりそう。2020年完成予定とかなので、そのころまたぜひ来たいです。2020年とかどうなってんだろうなー自分。

意外とカラフルな飾りもついてたり
1356


タワー内部。なにげに怖い
1355


11時前には宿にまた帰ってきて、そのまま駅へ。今年開通したばかりの新幹線でマドリッドへ向かいます。個人的にマドリッドは首絞め強盗が暗躍する北斗の拳ばりの恐怖都市だったのですが、実際行ってみるとそこまでではない感じ。マドリッドのスタートは順調でした。

ただ、今回泊まったユースの受付のおばちゃんがスペイン語オンリーだったのでちょっと大変でした。何か英語はわかるっぽいけど話せないようで、宿の説明から値段の話まで全部スペイン語。もう全部「drftgyふjこ」としか聞こえません。スペイン語数字と自己紹介くらいしか勉強してないんで全然使えないし。たまに数字が聞こえてくると嬉しいとかいうレベル。
「私は日本から来ました、私は学生です。」宿のおばちゃんに自己紹介してもしょうがないですね。今使えるスペイン語はこれと「トイレはどこですか」だけ。ちなみにドンデエスタエルセルビシオと言います。マドリッドのユースでこんな有様だったら、中南米とかどんだけエスパニョールオンリーなんでしょう。この際頑張ってスペイン語を覚えて、最近のBleachばりにスペイン語をばりばり使って生きたいと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。