スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チチカスの市場は色の宝石箱やー、みたいな

日曜日。宿の人たちと一緒に、今日はチチカステナンゴという町で開かれる大きな市場に行ってきました。
市場ってすごいいいです。

極彩色の商品。ものすごく綺麗
1421
朝。5時50分起床。こういう時、宿からホームステイ先までの20分がかなり痛いです。この20分をなんとか短縮すべく、近道を図ろうとしましたが迷ってしまい、宿に着いたのは集合時間の5分前。ここからバスで一回乗り換えて、3時間の場所にチチカステナンゴはあるらしいです。シェラからのバスは、いつものチキンバスと違ってちょっといいバス。ただまあ、道のでこぼこがひどい上にいろは坂級のカーブを延々走って行くので乗り心地は最悪に近いですが。

2時間ほど走って乗り換え。次のバスは超満員でした。2人掛けのシートに3人ずつ座ってるのに座れないので、立ち。それで60kmとかでヘアピンカーブ曲がったり、凸凹(車を減速させるための出っ張り)乗り越えたりするんでグアテマラのバスはかなりクレイジーバス過ぎ。しかも、凸凹とか無駄にありすぎるのでいちいち減速して全体ではあんまり早くない。欧米とかにも、結構道路の凸凹ありますけど、幹線道路に設置してあるのは初めて見ましたね。バスのスプリングもいかれてるので、乗り上げるたびに体が10cm宙に浮く。バーを必死に握り締める1時間。物買いに行くってレベルじゃありません。

そんなこんなで、なんとかチチカステナンゴ到着前に既に二度と来ないぞと固く誓ったのですが、実際市場を歩くとそんな気持ちも吹っ飛ぶほど素敵なお土産がありました。そこらじゅうに原色が溢れかえり、ハレーション起こしそうなくらい。なんか、トルコの絨毯には全く気持ちを動かされなかったんですが、ここはテンション上がりまくりでした。

小物群
1420


食べ物の色も彩度が強く、美味しそう
1422


物も、色んな大きさの布から、カバン、靴、財布などの小物系、木彫りの人形など様々。イレモノ大好きの自分としてはカバンにかなり興味がありましたが、まずはお土産を買おうと小物入れ系を一人で責めてみました。相場が全く分からないのですが、5ケツだけ値切ってみたら成功。財布とか筆箱とかもセンスいいのはかなりいいので、ついつい色々買ってしまいました。

気を良くして買い物をしてると、ハンモックを見つけたので値段だけ聞いてみました。すると、250ケツとのこと。高すぎるし、もともと今日は買う気が無いので立ち去ろうとすると、「待ってアミーゴ。230でどう?」(アミーゴは友達という意味。女の子はアミーガ。市場を歩いてるといつの間にか友達になってるようで、みんなオラアミーゴと声を掛けてきます。)とにかく買う気がないので、ノーグラシアスとやっぱり帰ろうとすると「分かった200でどう?」これを3回続けたら150まで下がりました。最初の250はなんだったの。後で、小物買った店にまた行ったら40ケツのが25まで下がりました。欧米人の旅行者は基本言い値で買ってるみたいですが、恐ろしいほどに値切り天国。関西人が来たらさぞかし楽しいでしょうね。

その後、熊本男児シンタローさんと一緒にぶらぶら市場を回っているのと、布の遊撃部隊のおばちゃんが声を掛けてきました。(この市場は普通に店を構えている人とは別に商品を持って歩き回りカモを探す通称遊撃部隊がいます。)いつもならすげなくノーグラシアスなんですが、そいつの持ってる布がちょっと良さげだったので値段を聞いてしまいました。これが20分に渡るバトル始まりだと知らずに…。

値段は250と言ってきたので要らんと言ってさよならするつもりだったのですが、おばちゃんがいつまでの着いてくるんです。RPGで言うとおばちゃんがなかまになった!見たいな感じで。こっちは既に他の商品を物色してるのに。オーケー200とか、ノープロブレムクアントケツァール?(いくらならいい)とか。そのくせ、こっちが50ケツなら買うよとか言うと聞こえなかったかのように無視。いつまでも引っ付いてきます。10分歩いた時点で値段は150まで下落。

こっちもいい加減めんどくさいので更に無視して歩き続けると2つで120ケツまで下がりました。最初の250とかどんだけぼってるんだよ…。さらに無視してれば50まで下がるかもしれんぞと歩いてると、一つ75ケツになりました。あれ、上がってね?その後も価格は最近の為替市場のごとく乱高下を繰り返しましたが、50には届かずおばちゃんもどかずの膠着状態。その間にこっちは普通に別の買い物をしているわけです。不思議な状態。そのうち、露天みたいなお店ではなく、普通の土産物屋を発見し中に入ってみるとおばちゃんが入って来ない!まさに、結界とかATフィールドがあるかのような。どうやら、他の店のテリトリーに遊撃部隊は入ってこられないようです。こうして、遊撃おばちゃんとの20分を超えるバトルは終了したのですが、正直疲れました。いい買い物はできたのですが。グアテマラ人は変なとこ忍耐強いです。

民族衣装はすごい綺麗なんですが、これに付きまとわれるうざい。
1425

何があったのだろうというくらいやる気のない男の子。すごいシュールです。
1426

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。