スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

凧を訪ねて三千里

今年もいよいよ後2ヶ月ですね。恐ろしい。ソフトバンクがネットのトップページ課金開始とか、有利子負債2兆円、10年間は基本的に設備投資控えるとかの記事を見て禿電消滅の報をグアテマラで知る日も近いのではないかと思ってます。死者の日の今日はグアテマラ人は凧を上げるそうなので、4時間掛けて凧揚げ会場に日帰りで行ってきました。になるはずでした。


グアテマラの凧。ムイグランデ。
1446
まず、片道4時間掛けて凧揚げ見に行く。冷静に考えてみるとおかしいですよね。今年のゴールデンウィークに能登半島を自転車で一周したときに、途中凧揚げ大会があって結構楽しみましたけど、あの時たまたま京都に来てた外国人が「おいジョニー、ここから4時間くらいのところで、今日TAKOAGEやってるらしいぜ。」「マジかよボブ、そいつぁグレートだぜ。行こうぜ!」にはならないと思うんですよね。でも行きました。4時間掛けてバスに乗って、さらに30分歩いて会場まで。しかも総勢7名。

会場に入ると、ライブ会場っぽいのや、たくさんの出店が立ち並びすごい盛り上がり。これはすごいなと、テンション上がりつつ奥の凧揚げ場に行くと、たくさんの凧とたくさんの人が、カラフルな小さな家の上や芋畑のようなところに立っていました。アレと思ってよく見ると、カラフルな小さな家昨日見ました、お墓で。芋畑、畝の長さがちょうど人の身長くらいです。どうみてもお墓です。(以下略)もう、家型墓は地元住民が屋根にたくさん乗ってて、やっぱりイナバ100人載ってもだいじょーぶ。状態。明らかにその下に人が埋まってるであろう畝の上にもがんがん人が載ってます。まあ、色んな宗教観がありますよね。僕らも郷に入らばなんとやらで、既に欧米人カップルが要るお墓の上にイナバしました。

真面目に考えるとしょうがないので、ありのままを受け入れました。
1552


屋根に登ってみると、屋根が若干崩れてました。まあ、グアテマラだしなーと別に驚かなかったんですが、欧米人カポーが一言スカル。隙間をよく見ると、頭蓋骨、大腿骨が普通にあらしゃまいました。まあ、グアテマラならね…。というわけでその上でサンドイッチ作ってお昼に。

リアル棺おけに片足を突っ込む
1553


肝心の凧はというと20cmくらいの小さいものから、10mくらいの大きなものまで大小たくさんのカラフルの凧が会場を無双乱舞してました。でも、でかいのってすごい手が込んでて綺麗なんですけど、寝てるのを起こしたりするだけで骨折れたり、破れたりして鳥人間コンテストなら確実にダイジェスト版で流されるレベル。改良とかしないのでしょうか。僕らの結論としては敢えてそのまま改良を加えないでいて、壊れ方で来年の豊作を占うという説が有力です。

さて、朝7時にシェラを出たものの、会場に着いたのはなんだかんだで12時近く。なのであんまり遅くならないように帰ろうとすると3時には会場を出なければなりません。結局どでかい凧の始末をどうするのか分からないまま、会場を後にしてバス乗り場へ。ただ会場からバス停までの1kmほどの道には、土産屋食べ物の露店が立ち並んでいて誘惑がいっぱい。7人もいると誰かが何処かで止まったり、トイレ行ったりでバス停には4時過ぎにやっと到着しました。(これが運命の分かれ道1)

ここから、シェラ行きのバスを待つのですがアンティグア行きのバスばかり。30分に一回くらいシェラ行きが来るのですが何故か通過。バス停を間違えてました。(運命の分かれ道2)5時過ぎて正しいバス停に着くと青年海外協力隊の日本人女性達がいて、その人もシェラに帰るとのこと。バス来ませんねーと話すと、6時半には上級のバスがくるはずなので、最悪それに乗れば大丈夫ですよーと教えてくれました。すると、一人が寒いしカフェでそれまで待ってない?と。確かに気温が10℃ちょっとで風も吹いていて寒かったのでみんなで6時過ぎまでカフェで時間を潰すことに。(運命の分かれ道3)

カフェで暖をとり戻ってきてみると、例のお姉さん達は既にいなく、バス行っちゃんたんだねーとのほほんと会話しつつ、バス停の係員がウンモーメント(もうちょい)と言うので、もう暗く寒いバス停で待ってました。が、7時になってもバスは来ず、別の地元民に聞くと今日はもうシェラ行きないよと。え゛。慌ててさっきの係員に聞くと8時半には来るよーとのこと。グアテマラ人のもうちょいは2時間らしいです。散々悩んだ末、その時間にもし、バスが来てもシェラに着くのは12時回るので、その日はここから30分のアンティグアで泊まることにしました。翌朝は5時起きて始発でシェラに帰ることになり、ここ1週間の夢、日曜日の朝は目覚ましをかけないで好きなだけ寝るという夢が脆くも崩れ去ったのでした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。