スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

独逸卓球

今日もなにも無し。になるはずだったのですが…
たまには充実した一日 今日も夕食を食べて、部屋で引きこもろうとしていると、ロベルト家にホームステイしているドイツ人の女の子2人組がサルサのフリーレッスンに行くのに、踊る相手が必要とかで、「あなたがネセシト(必要)よ!」と凄まれたので、ロベルト家の長男、安土礼十五歳と共に夜の8時半からサルサレッスンに行くことに。が、着いた先はどう見てもバー。ここでサルサのレッスンをするそうなんですが、ここで問題が発生。安土礼十五歳は15歳なのでバーに入れないとのこと。ちゃんとシェラにも青少年育成法的なのがあるのですね。するとドイツ人が、「サルサはやめて、アンドレもできる卓球にしましょう」と。ドイツ人いい人ですね。多分、アメリカ人だったら迷わず、アンドレを置いていったでしょう。で、卓球場にではなく、またどう見てもバーに。ここは何故かアンドレも入れたので、4人で1時間半ほど卓球しました。

ラケットが2つしかなかったので、2人分は灰皿を使うというなかなか前衛的な卓球になりましたが、何ていうか大学生のノリを久々に思い出しました。チャンスボールがあると容赦なく子供に向かってもスマッシュかましてくるとこあたり、やっぱりゲルマン人は戦闘民族なんだとしみじみ感じさせられました。農耕民族日本人はカットマンに徹しましたよ。意外とドイツ人は卓球うまいです。確かピンポンの最後でペコってドイツに行ったんでしたよね?多分ドイツ人は卓球好き。
楽しかったです。

今日は卓球しただけですが、とてもリア充になった気がします。かと言って毎日卓球してればいいわけではないですが。

卓球→石野卓球→ピエール瀧ということで、お気に入り動画


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。