スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現代童話考察

残念ながら今日は何も書くことなし。 今日は、赤頭巾ちゃんをスペイン語で勉強しました。どうでもいいですが、英語で赤頭巾ちゃんってlittle red riding foodって言うんですね。何か、スタンドみたいでかっこいいです。スペイン語だからって、ラテン的なノリは一切なく、孫と狼の区別が付かない耄碌ばあさんと祖母と狼の区別がつかない将来心配な天然赤頭巾が狼に食べられるちゃうけど、丸呑みだから実は生きてて猟師さんに助けられました。しかも、猟師はすぐには狼を殺さずに、狼の腹の中に石を入れて、放置プレイをするというドSっぷりを発揮するところまで、幼い頃に読んだ話そのままでした。風の噂で聞いたのですが、最近の童話ではカチカチ山の狸は溺死せずに改心し、アリtoキリギリス(そういえば、相方の最近大きい方見てない)のキリギリスは凍死せずに改心して真面目に働き出すとか。もう10年もしたら、アリとキリギリスが工場で派遣として、働いてそうです。ワープア推奨童話。

はい、全然グアテマラ関係ないですね。最近、学校の先生に昨日何したのって聞かれるのが困ってしょうがないです。お昼に授業終わって、ネット→ロベルトん家に帰って昼→読書→昼寝→スペイン語の勉強。くらい。毎日の楽しみは学校帰りのシェラパン。
時々今の自分が何者なのか全くわからなくなります。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。